建物の移動工事(曳家)、建物沈下修正工事、建物の傾り修正工事 株式会社山本組 TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要
曳家工事の流れ 具体的な工事の流れを準備期間、施工期間、引渡し期間の3つに分けて説明致します。
1.準備期間  

工事に至るまでの準備
 お客様との打合せということになりますが、まず家屋調査です。同時にご希望、計画等を詳しくお聞きします。
 お見積りでは次の条件要素を考慮します。
○移動の場所の確認 ○障害物などの確認 ○曳き距離 ○回転角度 ○高低差 ○重ね基礎 等

 案外見落とされるのは高低差です。平面図には出て来ません。高低差がある程、手間がかかり、高つくという事です。
 その他、工作物、立木の状況、公共事業での補償内容も含めお聞きします。
それから、建築認可の有無、建築基準法に基づく採光(日当り)、排煙規正、構造計算等の問題。表鬼門、裏鬼門といった、方位の問題等も考慮して配置図、構造図等を作成しお見積りに入ります。
 
高低差の移動は、手間がかかります。
   
2.施工期間   一般的な曳家工事の実施について(工事現場の流れ)
 工法には2つあります。1つは床下仕組工法(姿曳工法とも言います)。2つ目は床上仕組工法(腰付工法ともいいます)。
今からご説明するのは、床下仕組工法の一般的な場合です。

  1.はつり作業
 H鋼やレールを床下に入れる為に基礎コンクリをはつる作業。同時にアンカーボルトの取り外しや切断作業。
 
  2.仕組み作業
 床下の指定した場所にH鋼やレールを配置し、器材と器材を連絡する作業。
「ベース・フレーム」骨格を作る作業。

3.揚方(ジャッキアップ作業)
 ジャッキを配置しアンカーボルト等の取り残しがないか、少しジャッキアップしてみます。これが縁切作業です。
支障がなければジャッキアップしていきます。
1ストローク、上げきってしまいます。次に盛替え作業です。一回、受台で休めて、再度ジャッキをセットします。これを繰り返します。

連動の油圧ジャッキ ジャッキの制御盤 これは手動用ジャッキです

4.移動路の施設作業(道作りです)
 建物と移動したい所へ切台(枕木)を並べ、レールや、H鋼を敷きます。コッサ(そり)セットします。(長距離の場合はローラーを使用します)

5.移動作業
 チルホール、ウインチ等で引っ張ります。重量物になると推進ジャッキで押す場合もあります。移動の基本は水平移動です。お見積もりの段階でもご説明しましたが、斜面での移動は手間がかかります。
 回転する時は、円心を使ってコンパスで円を描くように、建物を回します。

ウインチで引っ張っているところ 移動状況 「円心」で建物を回転させる

6.下方(サゲカタ)
 ジャッキダウンの作業です。 ジャッキアップとは逆に、ジャッキをセットして、道のレールをぬきとります。ジャッキダウンしてゆき、スレスレになった所で微調整に入ります。
7.スエ付作業
 床下にぶつかるような障害物がない事を確認してスエ付ます。
8.器材の取払い作業
 ボルト、クリッパ等、連結全景を取りはずし器材をぬきとります。
   
3.引渡し期間   完成までについて
 建物はスエ付いたら、これで終わりではありません。次に補修工事に入ります。
まず、床のツカ入れ、床調整、玄関ポーチ等の土間コンクリ、タイル、給配水管、アルミや建具の調整、電気、電話の引込工事等、また見積り時の希望に応じて仕上壁クロス等、順次に復元改装していきます。
 次に外構工事、庭工事を終えてお引き渡しします。
もちろん、お引き渡し後のアフターサービスも万全です。
 
   

TOPプライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
建物の移動工事 曳家について曳家工事の流れ曳家工事Q&A建物沈下修正工事 建物の傾り修正工事施工実例集山本組の歴史会社概要

日本曳家協会会員 富山県鳶土工工業協同組合会員  富山県知事許可第12684号
株式会社 山本組 富山県富山市布瀬町南3丁目1-10  TEL.076-424-7426 FAX.076-421-7093 MAIL.hikiya@yamamoto-gumi.jp
Copyright 2007 YAMAMOTOGUMI Co.,Ltd. All Rights Reserved.

※このサイトをご覧になるには、最新のmacromedia Flash Playerが必要です。